究極の枕は座布団だった!?

ことの始まりは、NHKの「ためしてガッテン」。その番組で究極の枕と紹介されたのがなんと「座布団」。座布団にタオルなどを引いて高さを調整して使うと、とても寝心地の良い枕になるというお話でした。

  その番組を見たお客さんから、「座布団を枕にしてとても調子がいいのだけれど、大きすぎて邪魔なのよね。枕の大きさに座布団を作って」と言われて作ったのが始まりです。

 その後、改良を重ねて今の形にたどり着きました。

ふとん職人が手作りの逸品。そのこだわりをご紹介

①ワタを生地に入れる前はこんな感じ。

てんこ盛りのワタを職人技で押しつけて”何年も使った座布団”の感触にして、ヘタリにくく、形の変わりにくい、寝心地の良さを出しております。

製作風景はブログにて

②座布団は一般的に平均の厚さで作りますが、枕として使い心地が良いように、

中央を凹ませ、左右を厚く。首が当たる部分は上と下で厚さを変えています。

左右を厚くするのは、横向きに寝た時、肩を圧迫しないように、上下で厚さを変えたのは、お好みの高さを選んでいただけるようにです。

色、柄を豊富に取り揃えております。


寝心地をよくする使い方

用意するのはバスタオル。大きめがいいと思います。

まず始めは広げて使ってみてください。もし低いようなら右を参考に・・

バスタオルを折って上に載せると全体の厚さが増し、高くなります。

バスタオルを枕の下に折り込むと、折り込んだ部分だけ高くなります。左右のみ首部分のみとか工夫してみてください。


タオルの厚さだけでも寝心地が変わってきます。

また綿わたですので、干すと膨らみます

晴れた日の窓辺に置いておくだけでも違いますので

まめに干してあげてください。


お使いになっている方から

・とても寝つきが良くなりました。

・横向きでしか眠れなかったけど、仰向けで眠れるようになり朝、腰痛が楽になりました。

・朝まで枕の形が変わらないので、夜中に起きて直すことがなくなり熟睡できるようになりました。

・肩こりがなくなりました。

               などのお声を頂いております。

 

 

綿わた入れ枕 サイズ35×55    ¥3,300-(税込)